世田谷区上野毛エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 上野毛校】にお任せ下さい!

menu

世田谷区上野毛エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 上野毛校

高3の1学期にオール5を取った子の話

ヾ( ゚∀゚)ノ゙<上野毛の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 上野毛校】の近藤です

ヾ(*′○`)゚.+:。゚☆こんにちわっほい

 

今日は、前置きなしで本題に…

タイトル通り、高3の1学期にオール5を取った子のお話です。

もう、あの、誰のことか分かっちゃう保護者さんもいると思いますけど

そこは「そうなんだー!」ぐらいに、しておいてください(-_-;)

 

その子としつちょーは、私が赴任した2012年10月からのお付き合いです。

小5からの付き合いですね。

たぶん、育てた(笑)っていうぐらい、一緒にいます。

 

小学校から振り返ります…。(だから、すごく長いよ!)

小学校の時はありがちな

「勉強嫌い!なんでしないとダメなの!」

「分数なんて、分からなくたって人生で困らない!」

「漢字を書けなくたって、スマホが変換してくれるもん!」

という、とても正しい小学生でした。(正しいのか?)

 

まぁ、そうは言えども。

中学校に入ったら、そんな事は通じないということを徐々に分かり始め(?)

「あれ、なんで点数取れないんだろ?」的な中学校のテスト。

 

小学校のカラーテストは、そこまで悪い点数は取らないですからね。

でも、私も甘いので「90点取ったら10ポイントあげる☆」

*通常、小学生のテストは90点以上で1ポイント、100点で3ポイントです

って言いながら、騙しながら?小学校時代は勉強させてました。

 

しかし、中学校はどうやって騙す(?)かという問題発生。

全く出来ないわけでもない

でも、出来るわけでもない ←ひどい言い草

理科とか社会なんて、40点取れたら

「えらいね!がんばったね!すき!!」

って言って、モチベーションを下げないようにしてましたね。

 

とんでもない点数(過去最低は17点)を取ったところで

「頑張ったならいいよ!」 ←激甘い

保護者さんとも「オール3取れればいいよね」

と、こっそり裏目標。

思い返してみると、そうは言っても「2」は取ってない気がする。

だいたい、オール3と体育4 みたいな。

 

中3の夏になった頃、やっと本当の意味で「勉強しなきゃ」

と、思ったみたいです…(遅ー!私の苦労ー!!)

そのきっかけが…

「進学先が、私立だったら英才を辞める。都立だったら英才を続けられる」

だった気がする。

しつちょーとして、こんな嬉しいことある?

高校の受験記に関しては、こちらをどうぞ。

 

そして、楽しみ・楽しみ!な高校生活。

「努力したことが結果になる学校」

ということを、私に教えてくれました。

 

 

ま、やっぱり勉強(むしろ、日本語?)苦手だったね。

「この日本語、なに言ってる分かんないー!教えて」

って言われた回数、数知れず。

よく全部対応したなぁ~私!(笑)

 

高1の評定は4.4

「もうちょっと勉強しておけば良かったー!」

「1学期頑張ってたら、もうちょっと取れたよね?」

って言う台詞を、君から聞くなんて…(世界が終わるかと思った)←失礼すぎる(笑)

 

この成績を見て、初めて「大学に行こうかなぁ」という言葉が聞けました。

私がずーっと「なんでもいいから大学に行ったほうがいい」と言っても

「バカだから行けないもん!」と、押し問答。

バッチバチのバトルでしたね!(や、周りが見てる評価的には、相変わらずイチャイチャしてたらしい)

 

文系か理系か迷った時も…

むしろ、迷う前に「しつちょーどっちー!決めてー!」

だったな…もちろん、文系です。

 

 

そんな反省と目標を踏まえて、高2の評定4.9

 

日本史や世界史が「10」って。

え、中学時代40点で大喜びだった子の評定?(笑)

物理や化学も8~10と、大健闘。

え、中学時代…(以下、省略)

「はい、もう指定校で大学行きまーす!」

と、私が勝手に決定。

「んー行けるなら行こうかなぁ」

よしよし!その調子だ!

 

3年生の選択科目も

「しつちょー、決めてー」

はいはい、決めます(笑) ←バカ甘いな、私。

ただし、私が選択科目を決めた基準は

「オール5が取れそうな科目」

 

そして、ついに高3の1学期

 

念願のオール5。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

 

 

「うちの子オール5取ったんだよ!すごいでしょ!」

と、言うと。(もはや、”うちの子”って呼んでるから私は産んだのではないか疑惑)

「偏差値が高い学校じゃないから、簡単に取れる」

みたいなことを言う人もいます。

 

本当にそうかな?

 

彼女は、どのテストに対しても真剣でした。

2週間前から毎日来て、しっかり勉強をしていました。

どんなに眠くても、部活が大変でも、しつちょーがうるさくても!

英語・数学は通常授業で取っていましたが

習っていない科目で、心配なものがあれば

その都度、授業を入れて

「点数を取るため」の努力をしていました。

高1の1学期中間から、高3の1学期中間まで

11回の定期試験、全てで

1回もサボってません。

 

「偏差値が高い学校だからオール5が取れない」

「偏差値が低い学校だからオール5が取れる」

そんなわけない。

 

努力をしなかった人が、簡単にオール5なんて取れるわけがない。

どんなに低い偏差値の学校であっても

どんなに高い偏差値の学校であっても

努力した人に適うわけがない

 

もしかしたら、長い時間一緒にいるから

私が特別にかわいがっていて、いい先生を当ててたからじゃないか?

と、思う人もいるかもしれませんが

そんなことは、決してないです。

特別かわいいのも、彼女にすごく時間を使ってたのも認めますけど

「いい講師を優先的に」なんて贔屓はしていません。

 

精一杯の努力をしている人に対して、精一杯バックアップするのは当然のこと。

その歯車が、本当にうまくいったんだと思います。

 

なによりも、彼女はズルくなかった。

「ちょっとぐらいサボってもばれない」

なんてことを1ミリも考えていませんでした。

ずーっと全力だった。

だから取れた、オール5だと思います。

 

まぁ、私は何もしてないですね。

「かわいい、すき」

って言いながら、日本語を教えてた(?)だけです。

 

 

今、成績が伸び悩んでいて「もういいや、なにをしても無駄だ」

と、思っている人もいるかもしれない。

2学期が憂鬱な人がいるかもしれない。

中学校や高校が全てじゃないから、もっと先を見据えることと

「ズルをしよう」「サボろう」

なんて考えを持つのはやめよう。

 

ズルをしたり、サボったりしたら

そういう結果しかついてこないから。

 

しつちょー川柳

努力して 出た結果ならば 叱らない

↑努力もしないのに「点数が」っていうの、ホント嫌い。

 

。.:*:・’゚☆。.:*:・’゚★゚’・:*英才個別学院 上野毛校 概要。.:*:・’゚☆。.:*:・’゚★゚’・:*

【住所】

〒158-0093 世田谷区上野毛1-12-11 アベニュー上野毛3階

【授業時間】

平日17:00~21:30

授業①:17:00~18:25 授業②:18:30~19:55

授業③:20:00~21:25

土曜日14:00~20:00

授業①:14:00~15:25 授業②:15:30~16:55

授業③:17:00~18:25 授業④:18:30~19:55

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【教室へのお問い合わせ方法】

①当教室ホームページからお問い合わせください

http://www.eisai-kaminoge.com

②当教室までお電話ください

03-5758-3636(14:00~21:00 日・祝休み)

。.:*:・’゚☆。.:*:・’゚★゚’・:*。.:*:・’゚☆。.:*:・’゚★゚’・:*。.:*:・’゚☆。.:*:・’゚★゚’・:*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院 上野毛校 フェイスブック
英才個別学院 上野毛校 ツイッター
英才個別学院 上野毛校 YouTube チャンネル
英才個別学院 上野毛校 Google+